ガイドブックに載っていない!?知ると得するバリ島タクシーのルール【タクシー利用禁止地区】

タクシー バリ島 taxi bali

2018年11月6日更新

 

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

 

今回は、意外と知らない?!バリ島のタクシー利用のルールについてご紹介していきます。

 

なんと、有名観光名所もブルーバードタクシーが利用できない?

 

その真相を見ていきましょう!

おすすめ記事

【バリ島旅行に必要な全費用と節約方法!】ホテル・飛行機・食事…3泊5日にかかるお金を調査した【2022年版】 【バリ島でチップは必要?】在住者が伝授するチップのスマートな渡し方や相場を教えます!2021年版

タクシーの種類について

実は、バリ島のタクシーというと、ざっくり3種類あります。

・ローカルタクシー(ローカルタクシー会社も含む)
・大手タクシー会社(ブルーバードタクシーなど)
・配車アプリ(Grab、GOJEK)など

 

ブルーバードタクシー,GOJEKについては、先日こちらの記事でご紹介させていただきましたので、ぜひご覧ください。

 

これで完璧!バリ島ブルーバードタクシーの見分け方を伝授します! GOJEK(ゴジェック)まだ知らないの?登録・使い方を徹底解説!インドネシアバリ島生活はこれがないと生きていけない!

 

今回お話しするエリアによって利用が禁止されているタクシーに該当するのは、ブルーバードタクシーおよび配車アプリ(GOJEK・GRAB)です。



バリ島タクシー事情

バリ島にはローカル(地元の人)の雇用バリ島の雰囲気を守るという名目で、仕事内容・雇用・建築物などに関して色々とルールがあります。

タクシーの件もそのひとつ。

 

バリ島タクシーのルール例

まず、バリ島タクシーのルールの一例をご紹介します。

 

安全といわれている、ブルバードタクシー配車アプリGrab。

 

実はこれらのタクシーは、バリ島内で活動禁止エリアがあり、そのエリアでの活動することは基本的には禁止されています。

たとえば、こちらの写真。

Balangan(バランガン)ビーチの駐車場前です。
バランガンビーチは、ジンバランとウルワツの間のエリアのビーチです。

 

Drop Onlyと書かれています。

これは、ブルーバードタクシーやGOJEKは送り届けることはOK。でもここからお客さんをのすのはだめよという意味です。

 

なので、バランガンビーチからホテルなどにタクシーを利用して帰る際は、ブルーバードやGOJEKは利用できず、ローカルタクシーしか利用できないということです。



基本的なルール

それでは、実際にどのようなルールがあるかをみていきましょう。

 

・地元のタクシー→ローカルタクシー
・ブルーバード・Grabなど→タクシー

今回はこのように区別してお話をします。

 

タクシー利用禁止エリアはどこなの?

まず、具体的にどのエリアがタクシー禁止エリアか。

・空港

・クタスカイガーデン付近のホテルなど
・ジンバランビーチ付近(ホテルもNG)
・ヌサドゥア

・ウルワツ
(ウルワツ寺院やブルーポイントビーチもアウトです)

・タナロット
・スミニャックビーチ付近
(スミニャックヴィレッジあたりまではOKです)

・チャングー
・ウブド
など…

クタ以外ほとんどあかんやん!!

 

そうなんです。
クタ以外ほとんどのエリアで、ローカルタクシー以外の利用はNGが出ています

 

最近見かけたのですが、クタでもGOJEKなどの利用が禁止されているエリアもちらほら…



タクシー利用禁止エリアのルール

先ほど記載したエリアでは、ローカルタクシー以外はエリア内でゲストを車に乗せる事が禁止されています。

 

ですが、活動禁止のエリアまでゲストを送り届けることはOKです。

 

なんのこっちゃと思ったあなた。笑

次から、詳しく説明していきますね。

 

例1)ウルワツ寺院の場合

【クタ→ウルワツ寺院】

ブルーバードタクシー・配車アプリなど利用可能

 

【ウルワツ寺院からの移動】

ローカルタクシーのみ利用可能

 

クタ方面からブルーバードタクシーを拾ってウルワツ寺院に行くのはOKです。

 

でも、ウルワツ寺院から他の方面(クタや空港など)へ行くことは、ブルーバードタクシーは利用できず、ローカルタクシーの利用のみ可能です。

 

例2)空港の場合


【クタ→空港】

ブルーバードタクシーなど利用可能

 

【空港からの移動】
ローカルタクシーのみ利用可能

クタでブルーバードタクシーを拾って空港へ行くことはOK。

 

ですが、ウルワツ寺院の時同様、空港から出る時にブルーバードタクシーを拾うことやGOJEK・GRABをオーダすることは原則禁止されています。

 

空港で呼び込みをしているタクシーは100%ローカルタクシー

空港では、ブルーバードタクシーが禁止されています。

 

なので空港でタクシー!タクシー!と、客引きしているドライバーは100%ブルーバードタクシーではありません。

 

ワタシ ブルーバードタクシーって言っていても100%違います

たまに、ブルーバードタクシーの服やライセンスを持っている運転手もいますが、100%違います

先日(2018年4月中旬ごろ)、
ングラライ空港(デンパサール空港)に【空港にGrabタクシーの乗り場設置】のニュースがありましたが、ローカルの人の反対により、3日ほどで撤去されたとのことです。



こんな時どうなる?

簡単に、バリ島のタクシーのルールについて説明してきました。

 

今からはこんな時どうなるの?ということでパターン別にご紹介していきますね。

ローカルタクシー以外活動禁止のエリアで、ブルーバードタクシーなどが活動したらどうなるか

先ほどから危険とか危ないとか言ってますが、慣れない日本人からするとそんなに危ないもん?と思うかもしれません。

 

もし、活動禁止エリアにブルーバードやGrabのタクシーの運転手がゲストを迎えにくると…
ブルーバードタクシーやGOJEKのドライバーがローカルの人間から袋叩きにあいます。ぼこぼこにされます。

 

これに関しては、警察も手出しできません

警察も手出しできないほどバリ島ではローカルの力が強いです。

 

活動禁止エリアでブルーバードタクシーって探すことできる?

活動禁止エリアでブルーバードタクシーを利用することは基本的には難しいです(一部例外はあります。)

 

そもそも、この禁止エリアにはブルーバードタクシーやGOJEK、Grab等の車やバイクはあまり見かけることはありません。

 

見かけたとしても、活動禁止エリア外からお客さんを送り届けていたタクシーです。

それらのタクシーには、乗車は基本的にできないと思っておいたほうがいいです。



禁止エリアにGrabなどの配車アプリで車を手配できるの?

空港などに配車アプリを使って車を手配しても、おそらくドライバーからキャンセルされると思います。

 

インドネシア語を話せるなどで、ドライバーに友人として空港に来てほしいなどと交渉できればいいのかもしれませんが…

 

GrabやGOJEKのドライバーも、バリ島のルールに精通しています。

ブルーバードタクシーやGOJEKのドライバーも危険を冒して禁止エリアに来ることはまずないでしょう。

ちなみにUberはインドネシアから撤退したので現在は利用できません



エリアだけじゃない?!ホテルのタクシー手配にも影響が

実は、ジンバランビーチ付近のホテルに関しては、ローカルタクシー以外のタクシーの手配を禁止しています。

具体的には…

・フォーシーズンズジンバラン
・AYANAリゾートおよびRIMBA

などなど…

ジンバランビーチの駐車場よりも先にあるホテルに関しては、基本的にブルーバードタクシーなどの手配が禁止されています。

レメリディアンはぎりぎりセーフ。インターコンチネンタルホテル、ムービンピックなどは大丈夫です。

 

これは、ジンバランのローカルからローカルタクシー以外のタクシーの手配を禁止する通達が各ホテルに来ているためです。

タクシー禁止地区のホテルでタクシーを手配する場合は?

これらのホテルでタクシーを手配したら、ローカルタクシーが来ると思っておいたほうがいいです。

 

もし、ブルーバードタクシーを手配したい場合はホテルのスタッフにブルーバードタクシーを手配してほしいと言わなければなりません

 

ただ、ブルーバードタクシーもこれらのエリアで活動が禁止されていることを知っています。

ドライバーが断ってブルーバードタクシーが来ない可能性もあります。

 

また、ホテルのスタッフからできないと言われる可能性もあります。



チャングーエリアはほぼアウト

チャングーエリアに関しては、ホテルやレストランからもローカルタクシー以外のタクシー手配はできません

タクシーを手配する場合は、100%ローカルタクシーの利用となります。



解決策は?

これだけ、ブルーバードタクシーや配車アプリの車を利用できないと困りますよね。

特に、ホテルのエリアがジンバランビーチやチャングー付近!となると、どうやって身動きをとるの?ということになるかともいます。

そこで、AYANA的解決策をご提案!

 

車とガイドをチャーターしよう!

これがなんといっても車とドライバーをチャーターするのが1番安全です。

 

車とガイドを手配しておけば、活動禁止エリアなどの制限がなく基本的には行きたいところに行くことができます。

 

行き帰りの心配もしなくていいですし、ないより料金も明確なので(1日〇ルピアなど)、安心ですよね。

 

とくに、ウルワツ寺院やタナロット、ウブドなどの観光地を利用される際は、ぜひ車をチャーターしてください!

宿泊場所にもよりますが、長距離移動をされる場合はやはり車をチャーターするのが一番です。

場合によっては、タクシーより高くつくことも多いですが、安心はお金で買えます



ブルーバードタクシーなどが利用可能エリアはタクシーで行こう

クタエリアであれば、ブルーバード・Grab・GOJEKも利用可能です。

買い物やスパなどがクタには多くあります。

旅行計画の中に1日(もしくは半日)はクタでいる!と決めてしまえば、そのタイミングだけブルーバードタクシー等を利用するのも一つの手だと思います。

 

ただし、最近ではクタのホテルなどでブルーバードタクシーなどを禁止しているところもありますのでそこは要チェックです。

クタの場合は、ホテルを離れるとブルーバードタクシーOKのエリアも多いです。

ホテルから離れたところでタクシーを拾うのも一つの手段です。

 

インドネシアでの免許がなければ、バイクおよび車の運転はできません!

日本とインドネシアは運転免許証の国際協定を結んでいません。
なので、国際免許を持っていても車およびバイクの運転は基本的にはNGです。

長期で滞在される方などは、警察などに届け出をすればバイク運転は可能です。
(車はインドネシアでの身分証明書がなければ、インドネシアでの車の免許証は発行できません)

交通ルール状況も日本よりも悪いですし、日本人というだけで警察につかまって賄賂(わいろ)を要求される場合もあります。

短期での旅行などでバイクのレンタルなどはお勧めできません

免許を手配される方も、しっかりと安心できる人にお願いするのが一番いいと思います。



タクシーを賢く使いこなそう

ということで、今日は皆さん意外と知らないバリ島のタクシー事情でした。

私は、安全第一派なので、基本的に信頼できるドライバーに車をチャーターすることをおすすめします。

ローカルタクシーがすべて悪い!
ブルーバードタクシーが100%安全だ!
ガイドはみんないい人だ!
そういう話をしているのではありません。

せっかくの旅行だから、安全で楽しめるように、情報収集をしっかりして、場合によって取捨選択していこうね。

 

それと、安全はお金で買えるよっていうことです。

 

もっとバリを好きになってほしい!この記事が、いろんな人に役立っていればうれしいです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA