バリ島旅行ベストシーズンは?最適な季節・行事をチェックしてみた。

2018年7月22日更新

こんにちは。
バリ島でプロニートをしているAYANAです。

今日は、バリ島のベストシーズンについて!

バリ島旅行のベストシーズンというと、季節・天候だけを気にしている方が多いのではないでしょうか?

もちろん、季節や天候も気にして欲しい!

ですが、バリ島旅行では、行事やイベントベストシーズンを決める重要なポイントです。

季節
行事やイベント

この2つの観点を踏まえ、AYANAのおすすめバリ島のベストシーズンについてお話をしていきます。

オススメ記事

【バリ島旅行に必要な全費用と節約方法!】ホテル・飛行機・食事…3泊5日にかかるお金を調査した【2022年版】 タクシー バリ島 taxi baliガイドブックに載っていない!?知ると得するバリ島タクシーのルール【タクシー利用禁止地区】

AYANAがおすすめ&おすすめじゃない時期は?

結論から言いましょう!!

おすすめ時期

ゴールデンウィーク・夏休み
11~12月クリスマスシーズンまで、正月明け~チャイニーズニューイヤーまで
ニュピ(3月)

おすすめじゃない時期

チャイニーズニューイヤー
ラマダン前後
卒業旅行シーズン

それでは、具体的に話していきますね!

バリ島の季節について

まず、季節から説明していきましょう!
バリ島には乾季・雨季の2つの季節があります。

乾季…3月末〜11月
雨季…12月〜3月頭

それぞれの季節のメリットとデメリットを紹介していきます!

乾季

時期:3月末〜11月
価格:高い傾向

メリット

・天気がいい日が多い
・気温が高い
・日本の長期休暇が多い時期
→春休み・ゴールデンウィーク・夏休み

デメリット

・ハイシーズンにあたるためチケットが高い

解説

乾季は言葉通り、雨が少なく天気がいい日が多いシーズンです。

観光などの予定も立てやすく、過ごしやすいのもこの時期です。

時期的に日本でも長期休暇がかぶるタイミングでもあります。

なので、お休みのタイミングが乾季ということもあり、バリ島の観光にはうってつけのシーズン!

ですが、その分ローシーズンよりチケットやホテルなども高い傾向があります。




スポンサーリンク

雨季

時期:11月末〜3月頭
価格:安い傾向(イベント行事のタイミングを除く)

メリット

・果物が美味しい
・安い

デメリット

・天候が悪い日が多い
・雨の前後で気温の差が激しい
・雨季の中でもハイシーズンがある

解説

雨季はなんといっても安い
クリスマスなどの行事を除けばローシーズンと言われています。

あと、果物が美味しいのも雨季!
私の大好きなマンゴーやドリアンもめちゃくちゃ美味しい時期です。

難点は、雨と湿気

雨季の雨は、スコールのように1時間降って止むことも多いです。
ですが、1週間毎日雨というこもやはりあります…

あと、寒暖差が激しいのも雨季の時期

雨の後などは急激に冷えることもあるので、雨季の際の旅行は長袖の服を持って行くことをおすすめします。




スポンサーリンク

宗教の行事について

次に、バリ島での行事やイベントについてみていきましょう!

インドネシアでは宗教のイベントや行事が多い

インドネシアでは主に5つの宗教を信仰しています。
バリ島ヒンドゥー教を信仰している方がほとんどです。

ですが、バリ島ではヒンドゥー教のお祭りやイベントだけではなく、ムスリム(イスラム教)やキリスト教、仏教などの行事やイベントによって、人の多さやハイシーズン・ローシーズンに影響が出てきます。

インドネシアの人々は、国民の休日のほかに、それぞれ信仰している宗教によってお休みやイベントを行います。
信仰している宗教によって休日が変わります。

今日はムスリムの人がお休み。
明日は、ヒンドゥー教の人がお休み。

など、学校や仕事でも各自信仰している宗教によって、休日がかわってきます。

今回は、宗教行事の中でも、観光客に影響が出るイベントについてお話します。




スポンサーリンク

バリ島で影響のある行事イベント

・ニュピ(3月ごろ)
・クニンガン、ガルンガン(半年に1回)
・ラマダン(1年に1回)
・クリスマス(12月)
・チャイニーズニューイヤー(2月ごろ)

それぞれのイベントのメリット・デメリットを見ていきましょう!

ニュピ(Nyepi)

ヒンドゥー教
時期:3月

メリット

普段見られないバリ島を見ることができる。

デメリット

ニュピを含む3日間は観光などができない。

解説

ニュピは、個人的にかなりおすすめ!
ですが、観光メインでバリ島にいらっしゃる方は、避けたほうがいいかと思います。
ビーチに出ることもできないので、基本的にホテル内で過ごすことになります。

一般的には、ニュピが終わると雨季が終わり!と言われています。




スポンサーリンク

クニンガン・ガルンガン

ヒンドゥー教
時期:半年に1回

メリット

バリ島内がクニンガン・ガルンガンに向けて飾りつけされる
バリっぽさを感じることができる

デメリット

レストランなどが閉まっている可能性がある
渋滞が起こりやすい

これは、ヒンドゥー教のお盆のような行事です。
ヒンドゥー教の暦(こよみ)にそって行われるので、毎年日程が変わります

解説

クニンガン・ガルンガン中のバリ島は家ごとに飾り付けがされていて、とてもきれいです。
普段よりもより、バリっぽい雰囲気を味わうことができます!

ただ、お祭りの為、お店などが閉まっていることもあります。
ですが、ニュピのようにすべて禁止されているわけではないので、観光などには大きな影響はありません

渋滞が起きやすくなっているので、その部分は要注意です。




スポンサーリンク

ラマダン

ムスリム(イスラム教)
時期:1年に1回

メリット

特に普段と変わらず過ごすことができます。

デメリット

犯罪が起こりやすい時期
ラマダン明けのお休みは渋滞が多い

解説

ラマダンはいわゆるムスリムの人たちの断食の期間です。
ムスリムの暦(こよみ)で日程が決まるので、毎年日付は変わってきます。

特に普段と変わらず生活はできるのですが、断食前後は犯罪などが起こりやすいのが現実です。

バリ島内は、かなり厳重に注意されていますが、インドネシア国内でも窃盗やテロが起きやすいのがこのラマダン前後の時期です。

なのでこの時期は特に、持ち物などの管理や情報収集をしっかりと行うことをおすすめします。

すべてのムスリムの方々が悪いわけではないです!
問題を起こすのは一部の過激な思想の人。
私の友達のムスリムの人はみんないい人です。




スポンサーリンク

 

クリスマス

キリスト教(クリスチャン)
時期:12月25日前後

メリット

ホテルなどではクリスマスのイベントがある

デメリット

雨季に当たりますが、ハイシーズンにあたるので料金が高い

解説

インドネシアでは、クリスマスを祝うのは基本的にクリスチャン(キリスト教)の人たちだけ

ヒンドゥー教の方は
クリスマス?普通の日だよ?
って感じです。笑

ここもまた面白いですよね。

インドネシア人から見るとなんでもお祝いする日本人のほうが面白いらしいです。

クリスマスから年末年始はバリ島で一番のハイシーズンになりますので、料金はかなり高いです。




スポンサーリンク

チャイニーズニューイヤー(旧正月)

時期:1月末~2月中旬ごろ

メリット

特になし

デメリット

中国人旅行者がたくさんバリに来る
渋滞が発生
ホテルなどの価格が上がる

解説

これは、宗教行事ではないですが、いわゆる中国で一番大きな行事
最近では、日本でもこの時期に中国人観光客をたくさん見るようになりましたね。

バリ島も例外ではありません。

私的にはおすすめではない時期です。

とにかく渋滞が多い。

どこに行っても人が多く、渋滞も発生するため、快適な旅をするという名目ではあまりおすすめではないと思います。

チャイニーズニューイヤーの時期は、クタよりもスミニャックやチャングーあたりがおすすめです




スポンサーリンク

 

AYANAがおすすめする時期の解説!

行事についていろいろと記載してきました!
それを踏まえて、冒頭でお伝えした、おすすめ時期の理由を記載していきますね!

・ゴールデンウィーク・夏休み
・11~12月クリスマスシーズンまで、正月明け~チャイニーズニューイヤーまで
・ニュピ(3月)




スポンサーリンク

 

ゴールデンウィーク・夏休み

メリット

とにかく天候がいい!!!
ツアーも多く組まれてるので、来やすいと思います。

特に、7〜8月は恐らく日本の夏よりも過ごしやすいです!
カラッとした気候は、日陰に入ると気持ちい風が吹いてきます。

デメリット

高い!いわゆるハイシーズンってやつです。
でもそれだけ、快適に過ごせます!




スポンサーリンク

12月クリスマスシーズンまで、正月明け~チャイニーズニューイヤーまで

メリット

雨季真っ只中ということで、とにかく安い!!
ホテルなども割引をしていることもあります

デメリット

雨季ということもあり雨が多い

12月クリスマス・ニューイヤー
2月のチャイニーズニューイヤーシーズン
3月の卒業旅行シーズン

この3つは雨季に当たりますが、人が多くなるので、渋滞が発生しやすいです。
もし、のんびりしたい人はあまりオススメじゃないかも

卒業旅行シーズンについて

日本人がめちゃくちゃ多い。とにかく多い。
バリ島にきてまで日本人と会いたくない…という人はあまりおすすめじゃないかも。




スポンサーリンク

 

ニュピ

メリット

とにかくいい!
今までにない体験をしたい方は是非来てほしいです!

デメリット

3日間は外出禁止なので、アクティブに動こうと思う方はあまりオススメではないかも。

ニュピに関しては、一番おすすめ!!!
いつか、ニュピは友人を誘ってみんなで楽しもう!なんて思ってます。

いつもと一味違うバリ島旅行にしたい方はぜひ!




スポンサーリンク

バリ島おベストシーズンの全貌!

ということで、今回はバリ島のおすすめシーズンを季節や行事・AYANA的視点でご紹介しました!

バリ島は基本的に、いつ来ても楽しい!
それぞれの時期で、楽しみ方があります!

乾季はもちろんですが、雨季にも楽しみ方があります。
インドネシア・バリ島だから経験できるさまざまな行事やイベントもあります。

ぜひ参考にしてくださいね!

それでは。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA