これで完璧!バリ島ブルーバードタクシーの見分け方を伝授します!

2021年6月19日更新

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

AYANA

バリ島のぼったくりタクシーってまだあるの?

ぼったくりといったら聞こえは悪いですが、ローカルタクシーといってメーターを使わないタクシーはバリ島にはまだあります。

バリ島の安全なタクシーといえば、ブールーバードタクシーと聞いたこともあるのではないでしょうか?

今回の記事では、ブルーバードタクシーとローカルタクシー見分け方をご紹介

この記事を見てもらったら、初めてバリ島でタクシーを使う人も安心です!

こんな人に見てほしい

・ブルーバードタクシーの見分け方は?
・ローカルタクシーってなんで危ないの?

・バリ島旅行初心者の方

ブルーバードタクシーの見分け方

写真は、正真正銘のブルーバードタクシーさんです。

今回は、見分け方のポイントとして大きく3つの部分でお伝えしていきます。

・車の外観
・車内
・ドライバーの服装について

ブルーバードタクシーの車の外観ついて

まずは、外見について。

AYANA

一番は車のデザインからチェックしよう!

車種

・TOYOTALIMO
HONDA…MOBILIO

車の名前は、インドネシアでの車種名です。

LIMO


引用:https://www.bluebirdgroup.com/regular-taxi/

 

MOBILIO

引用:https://www.bluebirdgroup.com/regular-taxi/

日本では販売されていないモデルです。

基本的に、ブールーバードタクシーはTOYOTAかHONDA車を利用していますね。

それ以外の車で紛らわしいものは、ブルーバードタクシーではありません。

カラーは鮮やかな青色。少しパールのようになっています。

ローカルのタクシーはこれよりも色が緑がかっていたり、青色が濃いことがあります。

ロゴ

また、フロントガラスにはBLUE BIRD GROUPの文字があります。

ローカルタクシーは、この部分をBLUE TAXIとかブルーバードタクシーと紛らわしい名前をつけてます。

マーク

ロゴの下にはTAKSI(タクシー)とインドネシア語表記されています。

2019年にロゴが新しくなりました。

引用:https://www.bluebirdgroup.com/regular-taxi/




スポンサーリンク

ブルーバードタクシー運転手の服装

こちらの写真でもわかるように、ドライバーは必ず青色のバティックを着ています

AYANA

ロゴが入ってるデザインのシャツやで!

ちゃんとブルーバードタクシーのロゴの入った物です。




スポンサーリンク

車内

背もたれのところにもブルーバードのアプリケーションの宣伝があります。

 

運転手のライセンスとメーター

そして、一番見て欲しいのがここ

①はブルーバードタクシードライバーのライセンス(証明書)です。
ブルーバードタクシーには、名前・スタッフ番号・顔写真の入ったライセンスが必ずあります

②は料金メーター
ローカルタクシーメーターはほぼありません。

車内に入って、ライセンスとメーターがない場合は、ローカルタクシーです

 

車体番号

そして、車内から見える窓には、ブルーバードタクシーの車体番号があります。

頭文字がIVやVVのも見たことあります。

 

レシートを出してくれるか

ブルーバードタクシーの場合ちゃんとレシートが出ます。

AYANA

レシートちょうだいって言ったらくれるで。

必ずこれを受け取ってくださいね。

万が一、車内に落とし物をした場合などはこのレシートが証拠になりますからね。




スポンサーリンク

ローカルタクシーとブルーバードタクシーって見分けられるの?

そんなこと言ったって!ローカルタクシーと簡単に見分けられるの?

そう思う方もいらっしゃるとお思います。

AYANA

私も遠目では、見分けがつかないこともある。

ローカルタクシーもブルーバードに似せようと必死です。

次からは、ローカルタクシーを実際にチェックしてみましょう。

紛らわしいローカルタクシー

これ、ローカルタクシーです。

拡大。

AYANA

違いわかった?

答え合わせをしていきましょう!

まず、ロゴが違います
そして、色も少し鮮やかさが足りない
あと、車体番号の頭文字の「IV」という英語がありません
電話番号も違います。(ブルーバードは+61 361 701111‬)
あと、車もTOYOTA、HONDAではありません

こうやって冷静に見ると結構違うところが見つけられます。

AYANA

ローカルタクシーはシボレーの車が多い気がする!




スポンサーリンク

なんでローカルタクシーがダメなの?

別にローカルタクシーが全部ダメ!ってわけではないですよ。

ただ、金額は交渉ができないと、結果的に損をすることになったりしちゃいます。

空港からジンバランまでの料金を500.000ルピア 請求された(約4500円)

ブルーバードであれば100,000ルピア(900円くらい)あれば十分です。

ローカルタクシーは、バリ島の適正料金を知らない・ルピア の数え方を知らない観光客に、高額な料金を提示することもしばしば…

ローカルタクシーはメーターも請求書(レシート)もちろんありません

もし、支払ってしまったら戻って来ません。

ホテルのスタッフに助けを求めても、ローカルタクシーとのトラブルに関して、ホテルスタッフは関与することは難しいです。

AYANA

ホテルもローカルタクシーとは交渉難しいんや

車内にものを落としても戻って来ません。

ブルーバードタクシーであれば、レシートに記載している電話番号に問い合わせれば、戻ってくる可能性があります。

わざと遠回りされて高額な料金を提示される

バリ島旅行に慣れていない人は、ぐるっと遠回りされることも…

地理がわからないと、遠回りされていることにも気づかないですもんね。

これに関しても、お金を支払ってしまうとどうしようもありません。

インドネシア語や英語で交渉する手もあります。

ですが、せっかくのバリ島旅行。

このような嫌な思いしたくないですよね…




スポンサーリンク

ブルーバードタクシー運転手に聞いた!一番安全な方法

せっかくのバリ島旅行!

嫌なことはなるべく避けたい!

何よりも、自分の身は自分で守る!!

今回は、ブルーバードとローカルタクシーの見分け方を、ブルーバードタクシーの運転手さんに聞いちゃいました!

AYANA

協力してくれたドライバーさんありがとう!

絶対にドライバーに「このタクシーってブルバードタクシー?」と聞かない

たとえば。

ローカルのタクシードライバーにこれブルーバードタクシーですか?と聞いても、うん!そうだよ!と答えることもあるようです。笑

んで、乗ってみたら実際は違うかった…ということもしばしば。

最後までローカルタクシーと気づかずに、「ブルーバードタクシーに料金を高く請求された!」といわれることもあるとか。

AYANA

濡れ衣着せられて困ってるってさ。




スポンサーリンク

ブルーバードタクシーを直接オーダーする

一番安全な方法は、直接ブルーバードタクシーをオーダーすることけることです。

ブルーバードタクシーへ電話

電話でのオーダーが一番早いと思います。

インドネシア語・英語を喋れない場合は、ブルーバードタクシーの電話番号をレストランやホテルスタッフに渡して、

「ここに電話して、ブルーバードタクシー手配してほしい〜」と言いましょう。

そうすれば、ブルーバードタクシーを手配してくれます。

ブルーバード
24時間対応電話番号:+61 361 701111‬

ブルーバードタクシーのアプリケーションで車の手配

ブルーバードにはアプリケーションもあります!

ただ、インドネシアの電話番号が必要になってきます。

長期滞在の場合は、アプリケーションを入れておいてもいいのではないかなと思います。

長期滞在の場合GOJEKがより便利かもしれません。

GOJEKに関しては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

GOJEK(ゴジェック)まだ知らないの?登録・使い方を徹底解説!インドネシアバリ島生活はこれがないと生きていけない!

ブルーバードタクシーが利用不可のエリアもあります

実は、バリ島ではローカルタクシーのパワーが強いエリアというのがあります。

そこでは、ブルーバードタクシーを使うことはできません。

空港やジンバランビーチからは、ブルーバードタクシーには乗れません

AYANA

目的地が空港やジンバランビーチならOKやで。

詳細はこちらをチェックしてください。

タクシー バリ島 taxi baliガイドブックに載っていない!?知ると得するバリ島タクシーのルール【タクシー利用禁止地区】




スポンサーリンク

ブルーバードタクシーをうまく利用しよう!

ブルーバードタクシーの見分け方についてお話ししました。

ブルーバードタクシーはジャカルタなどでも利用できるタクシーです。

GrabやGojekなどと比べると金額は高いです。

ですが、ブルーバードは配車アプリとは違い会社として運営しています。

なので、ドライバーのクオリティーも保たれているなと思うことも多いです。

バリ島初心者の方は、ブルーバードを使って安全なバリ島旅行をお楽しみくださいね!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA