シンガポールチャンギ空港のシャトルバスを使う!深夜着の交通手段。

7月12日更新

こんにちは。
バリ島でプロニートしてるAYANAです。

さて、今日シンガポールのお話。

先日シンガポールへ行った際、
なんとチャンギ空港への到着が夜の11時半

もちろん電車も終了…
タクシーって結構値段するよね…

ホテルまでどうやって行くんですか?(泣)

おすすめ

シンガポールで食い倒れ①〜お気に入りのケーキ屋さん〜 シンガポール SIMカード 購入方法【シンガポール旅行者用SIM】空港・街中でのhi!Tourist SIMの購入・利用方法!2020年版

シンガポールチャンギ空港深夜着では、便利なシャトルバスを利用しよう!

調べてみると、チャンギ空港からホテルまでの直行バスがあるとのこと。
しかも24時間運航!
今回は、私が実際に利用した24時間運航のホテル直行のシャトルバスのレポートをしていきます。

金額

今回ご紹介する、乗り合いのシャトルバスはお値段9SGD
日本円で約750円くらいです。

ちなみに、利用範囲内であれば金額は一律9SGDです

そのほかにも、人数が多い場合は車もチャーターできます。

チケット購入場所は?

ゲートから出ると、シャトルバスの標識があります。

荷物の受取の場所から、空港の外へ出ます。

外に出てすぐの標識です。
真ん中下段にCity Shuttleって書いています。

日本語でも書いてるから私でもわかる!
(英語中学生レベル)

今まで、ターミナル1、ターミナル2を利用した事がありますが、どちらもシャトルバスの表記がありました。



購入方法

購入は機械もしくは窓口スタッフへ

シャトルバス利用の為のチケットの購入は、

・チケットカウンター
・機械

この2パターンがあります。

2つの違いは
・チケットカウンター→現金の利用が可能。
・機械ではクレジットカード→電子マネーのみの支払い

なので、それぞれ支払方法にあった購入方法をお選びください。



窓口で購入する

まずは、チケットカウンターで購入する方法。

こちらは、第二ターミナルのシャトルバスカウンターです。

カウンターにて

・行き先(ホテル名)
・人数
・乗車時間(だいたい指定される)

これを伝えて、支払いをしたらOKです。

ちなみに、カウンターでは現金の支払い可能です。

支払いをすませた後、シールを受け取ります。

これを胸元に貼って、バスが来る場所で待ちます。

機械を利用して購入する

標識に従って、進んでいくとエレベーターの前に、こちらの機械があります。

近づいてみると、タッチパネル式のマシーンです。

一番右端が今回利用したいシャトルバス
※9SGDって書いてるものです。

次のバスの発車時刻が記載されていますね。

まず、こちらをタッチしていってください。

次の画面でホテルの頭文字を選択

すると、ずらっとホテルの名前が!

「The ○○」などのホテル名の場合は「T」を選択しましょう

私が今回利用したのは、ブギスにあるドミトリー。

結構小さなドミトリーでしたが、ちゃんと登録されていました。

こちらを選択し、次へ。

すると、時間が書かれた画面が出てきます。

ここで、時間と人数を選択。

金額と人数の確認画面が出てきます。

ここで支払い方法を選択します。

支払方法選択後は電子マネーのバーコードをスキャン、もしくはクレジットカードを挿入します…

この機械はカードもしくは電子マネーのみの支払いです
機械を利用する際は、電子マネーもしくは、クレジットカードの支払いのみとなります。



バスと車内の様子

バスの外観はこんな感じです。

バスの中はこんな感じ。



シャトルバスのおすすめポイント

24時間営業

シャトルバスであれば24時間利用することが可能。
30分間隔くらいで運行しているようです。

ホテルに直行してくれる

これも結構便利。
シャトルバスを利用すればホテルの真ん前で下車することが可能。

空港に到着して、すぐにホテルでチェックインされる方は、シャトルバスを利用するのがいいかもしれません。

またホテルの場所を指定しているので、迷うことはまずありません。



料金が安い

料金もタクシーより安い。

もちろん、電車を利用するより割高になりますが、空港からホテルに直行してくれることを思うと、安いかも。

シャトルバス内は、Wi-FiとUSB充電完備

これはありがたかった!

こんな感じで、充電することができます

シャトルバスを利用する際の注意事項

チャンギ空港からのシャトルバスを利用するに当たり、数点注意事項

到着時間がはっきりわからない

バスに乗車する人数や、ホテルの行き先によって到着時間が違います。
乗り合いバスですので、みんな行き先が違います。n

なので、どのルートで行くかは、運転手が決めている感じでした。

BugisChina townのホテルまで利用した事がありますが、どちらも40分くらいで到着しました。

運転が荒い

シンガポールあるあるですよね~
運転、めちゃくちゃ荒いです。

車内では席でおとなしくしているのがいいと思います。



シンガポールに深夜到着でも大丈夫!

チャンギ空港に深夜に到着した場合、空港内で滞在される方も多いと思います。
ですが、前回訪れたタイミングでは仮眠をとることのできるソファーが減っている気がしました。

前々回滞在時は、シャトルバスの存在を知らず、チャンギ空港で寝ていました。
翌日、身体バキバキ。笑

私のように、バックパッカーで節約旅行をしている身からすると、深夜にタクシー利用は結構出費。
深夜にこのバスはめっちゃありがたい。

また、夜中にホテルを探して、街を歩くなんていくらシンガポールでも怖いですよね…

これを機会にシャトルバスを利用してみるのはいかがでしょうか?

チャンギ空港から市内へのシャトルバスのご紹介でした。

それでは。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA