【SATE HOUSE(サテハウス)】バリ島で一番好きな”サテ”ショップ!

2018年10月18日更新

 

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

 

今日は、先日お友達に紹介して大絶賛だった、オススメのサテのレストランをご紹介。

 

おすすめ

【Holycow】ステーキショップホーリーカウでは〇〇がおすすめ  【BAKSO BOEDJANGAN】バリ島でインドネシアのソウルフードバクソにトライ 

SATE HOUSE(サテハウス)

Sate House(サテハウス)

住所:Jl. Dewi Sri No.101, Legian, Kuta, Kabupaten Badung, Bali 80361
HP:なし
WiFi:◯(たまにつながりにくい)
駐車場:△(ありますが、満車の時もある)
トイレ:狭いけど、清潔

 

場所はクタDewiSri通り。

 

Sate House(サテハウス)はカキリマ(屋台)とは違い店構えもちゃんとしていますし、スタッフもしっかりと教育されている感じがとても好感度が高いです。

 

ゲストもいつもいっぱいです。

 

そして、私がSate House(サテハウス)をおすすめするもう一つの理由はNo MSG(食品添加物不使用)!

お子様にも安心して食べてもらえると思います。

 

Wi-Fiは最近繋がりにくいので、あまり当てにならないかな…というところ。

駐車場も歩いてすぐのところにありますが、スペースはあまりないのでタクシーやバイクなどで行くのがおすすめです。

【サテって何?】

SATE(サテ)とは、インドネシアの串焼き

焼き鳥と思っている方も多いと思います。ですが、鳥の他にも、牛、ラム、イカ、エビなどいろいろあります。



メニュー

はい、今日もメニュー全部載せ〜!

ただ、これはローカル向けのメニューです。

インドネシア語と英語で表記されています。

日本人のみの場合、別のメニューを渡されるかも。
(金額とかはほぼ同じです。)

 

食事のメニュー

こちらがサテなどの食事のメニュー

 

ドリンクのメニュー

 

デザートメニュー

 



AYANAおすすめオーダー

私がいつもオーダーするのは、

・チキン
・牛
・ラム
・エビ

 

これが、定番の鶏肉のサテ。6本23000ルピア(約190円)

 

Sate House(サテハウス)の特徴は、お肉が大きいこと

 

一つ一つの串にもお肉がぎっしりですよ〜

 

 

これは、ラム6本46000ルピア(約400円)

こちらは、甘辛いタレのソース(ケチャップ)をつけて食べます。

 

これは、牛肉のサテ6本40000ルピア(約350円)

 

 

そして、エビ4本53000ルピア(約450円)

 

インドネシアのエビって日本に輸出されてるんですよ。

そして、たぶん、インドネシア→日本への輸出量は第1位だったと思う。
(学生時代の遠い記憶)

 

ライス

サテの隣にある、丸状のもの。

これはロントンと言って、お米を棒状にしたものです。

 

食感はお餅とお米の限りなくコメに近いって感じ。これも美味しいです。

通常のライスかロントンは選ぶことができます。

 

 

View this post on Instagram

 

AYANA DIARY????バリ島????????さん(@ayana.diary)がシェアした投稿

 

 



バリ島で美味しいサテならサテハウスへ

今日はサテハウスのご紹介でした。

サテハウスのサテはバリで一番好き。

 

ちなみに、ここのお店のサテ以外のお料理は…
正直、それほど…という感じです。(小声)

 

がっつりお肉食べたい!サテを食べたい!って時は、Sate house(サテハウス)へ行きましょう。笑

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA