2021年2月追記【EMS利用】日本からインドネシアバリ島に国際郵便で荷物を送ってみた【実際の資料公開します】

EMS インドネシア 日本 国際郵便

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

AYANA

コロナウイルスの影響で、日本への一時帰国のタイミングを逃してしまった…

何より困ったことが…

日本でいつも購入しているもののストックが切れてきたこと。

そういえば、今まで一度もEMSを使って日本からバリ島へ荷物を送ったことなかったな…

ということで、日本からバリ島までEMS国際郵便で荷物を送ってもらいました!!!

こんな人に読んで欲しい

・インドネシア・バリ島に荷物を送りたい!

・インドネシアの関税がいくらか知りたい。

・EMSを送る時に気をつけることは?

EMSでインドネシア・バリ島に荷物届いたん?

結果からお伝えすると、荷物は無事に届きました!

2020年7月31日に地元の郵便局から発送し、2020年8月11日にバリ島の自宅までちゃんと到着しています。

スケジュールはこんな感じでした。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

郵便局の窓口ではコロナウイルスの影響で2週間かかると言われていたのですが、少し早めの12日で到着。

週末挟まなければ、1週間ほどで到着していました。

実際に、私がEMS便を使って日本→インドネシア・バリ島へ荷物を送った方法を詳しくご説明していきます。

送り主が手配すること、関税について、受け取る側がすることをまとめていますので、ぜひご参考になさってください。

注意

2020年7月末に荷物を送ってもらった体験談となります。

コロナウイルスの影響もあり、日数などは多少前後するかと思います。

あらかじめご了承くださいませ。




スポンサーリンク

EMSってなに?

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

EMSは30kg以内の荷物や書類などを送ることができる、国際郵便です。

日本では、郵便局にて取り扱われています。

▶︎EMSについてはこちら

EMAの特徴
  • 荷物を追跡できる(どこにあるか確認可能)
  • 金額が他の国際郵便と比べて安い
  • 早い
  • 送ることにできる国が多い

郵便局が取り扱っているというポイントも、安心できますよね。

受け取り側のインドネシアも、国が運営しているPOS(郵便局)というところが取り扱いを行なっています。




スポンサーリンク

EMSを送るとき、送り主が日本でする手続きと準備

今回は、母に荷物を梱包してもらい、日本からの発送手続きをお願いしました。

郵便局の窓口の方が、内容などしっかりと説明してくれたようで問題なく送ることができたようです。

AYANA

郵便局員さん、優しく教えてくれてありがとう!!!

郵便局のリンクを張りながら説明してきますね。

日本からEMSを送る前にチェックすること

窓口で説明を受けたのは3つありました。

  1. 送ってはいけないもの(禁制品)
  2. 送料と日数について
  3. 内容品名のリスト作成

それぞれについてご説明します。

国際郵便電子申告について

2021年1月1日より国際郵便を送る際は国際郵便マイページサービスにて電子申告が必要となっているようです。

2021年1月中に日本→インドネシアに荷物を送られたブログ読者様より、電子申告をする必要があったと情報をご共有いただきました。

詳細はこちら↓

▶︎通関電子データ送信義務化について

後ほど記載する注意事項の所に私なりに調べた内容を記載させていただきます。




スポンサーリンク

①EMSで送ってはいけないもの(禁制品)

国際便は、国によっては送ることが禁止されているものがあります。

もちろんインドネシアバリ島へも送っては行けないものがあります。

▶︎インドネシアへの禁制品をチェック

お守りや日本語の新聞なんかも禁制品に入っていますので、しっかりとチェックしてくださいね。

禁制品を送ってしまうと、インドネシアの関税で没収されたり、日本に送り返されたりするので要注意です。

②EMSと送料と日数について

送料に関しては、日本からの距離と重さで決定されます。

バリ島のあるインドネシアは第1地帯に含まれます。

第1地帯は、主にインドネシアを含むアジア地域です。

そして、第1地帯の重量別の送料をチェックします。

送ってもらった荷物は重さ4gk、インドネシア(第1地帯)なので金額は5300円でした。

荷物は箱を含む重さとなります。

日数に関しては、通常4日ほどで届くことのことです。

2020年7月末時点
コロナウイルス感染拡大の影響で2週間かそれ以上かかるかもと説明を受けました。

▶︎日本からの距離をチェック

▶︎インドネシアへの送料をチェック

③内容品名リストの作成

送る荷物の内容および金額を全て記載する必要があります。

記載に関しては全て英語となります。

金額がかからないものの金額は0円で記載して問題ありません。

こちらが、実際の内容物リストです。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

母手作りのお味噌などを送ってもらいましたが、もちろん0円で記載しています。

そして、内容物は記入漏れのないよう全て記載するようにしてください。

なぜなら、届いた時に内容物がない!となった場合、内容物リストからチェックをしたり、保証をしてもらえるからです。

国際郵便電子申告について

2021年1月1日より国際郵便を送る際は国際郵便マイページサービスにて電子申告が必要となっています。

2021年1月中に日本→インドネシアに荷物を送られたブログ読者様より、電子申告をする必要があったと情報をご共有いただきました。

詳細はこちら↓

▶︎通関電子データ送信義務化について

後ほど記載する注意事項の所に私なりに調べた内容を記載させていただきます。

準備完了!

これらを準備して、郵便局で宛名などに不備が無いかチェックしてもらい料金を支払って完了です。

宛名に関しては英語で書くのが基本です。

書き間違えのないように注意しましょう。

AYANA

送り主の皆様、お疲れ様でした!




スポンサーリンク

EMSの追跡番号を共有しよう

手続きが完了したら、追跡番号が発行されます。

追跡番号があれば、インターネット上で荷物がどこにあるか?今どういう工程か?を随時チェックすることができます。

EMSの荷物追跡方法

荷物の追跡は日本の郵便局のサイトでもチェックが可能です。

が、個人的にはインドネシアのEMS追跡サイトでチェックするのがオススメ。

なぜかというと、インドネシア版のEMS追跡は、関税などをチェックすることができるため。

こちらが実際にインドネシアのEMS追跡ページで確認した画面です。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

8月7日の欄Tax:Rp226.000と書かれています。

このおかげで、事前に荷物にかかる関税をチェックすることができました。

インドネシアの追跡サイトは英語となりますが、全然わからん!とはならないと思います。

ぜひ、インドネシアのEMS追跡サイトもチェックして見てください。

▶︎インドネシアEMS追跡サイトへ

画面の右側に追跡番号を入力し、セキュリティーコード(画面に記載されている数字)を入力すれば確認ができます。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS




スポンサーリンク

インドネシアの関税について

次は関税についてお話ししていきます。

関税は特別なことがない限り、自分でも調べることができます。

インドネシアの関税っていくら?

関税は内容物の合計金額によって変動します。

インドネシアに送られてくる内容物リストの合計金額の3USD以上に関税がかかります。

関税は、輸入関税7.5%+付加価値税10%の合計17.5%となります。

金額に送料などは関税には関係ありません。

…どういうこと?

と思った方。

今から説明しますね。

内容物の合計金額が10000円の場合

内容物の金額10000円 ー 関税がかからない3USD(約310円)約9690円

 

この約9690円に関税が発生するので

 

約9600円 × 17.5%(輸入関税7.5%+付加価値税10%)=約1695円

 

関税は約1695円となります。

わかりやすく日本円で計算しましたが、実際はルピアで支払います。

また、レートによって金額が変動してくるのでご注意ください。




スポンサーリンク

インドネシアの関税っていつわかるん?

バリ島まで荷物を送る場合、バリ島の関税チェックの場所で詳しい金額がわかるようでした。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

記載されているURLをクリックすることができます。

アクセスしたサイトで、追跡番号を入力したら関税の詳細を確認できます。

関税だけではなく手数料の支払いも必要です

受け取りの際の支払いは、関税+手数料の合計金額となります。

今回の、手数料はRp20.000(約160円)と記載されていました。

手数料に関しては、荷物受け取りの際のインボイス(請求書)にも記載されます。




スポンサーリンク

EMSで届いた荷物を受け取ろう

バリ島に荷物が到着してからの流れは

  1. バリ島の税関にて関税のチェック
  2. デンパサールのPOS(郵便局)に荷物が到着
  3. デンパサールのPOS(郵便局)にて荷物の受け取りもしくは自宅まで配送

バリ島に荷物がついてからは比較的スムーズに自宅まで荷物が届きました。

①バリ島の税関に到着

税関に到着したら、ここで関税がどれくらいかかるかわかります。

関税が確定したら、インドネシアのEMS追跡サイトで金額が記載されますので、チェックしてみてください。

②デンパサールのPOS(郵便局)に到着

関税のチェックが終われば、デンパサールのPOS(郵便局)に送られます。

ここから、各地域に発送されるようです。

デンパサールのPOS(郵便局)に到着したら、直接取りに行くことも可能です。

POS Indonesia(デンパサール/レノン)

荷物の受け取り可能な時間は営業時間と異なります
(荷物受け取り時間の方が少し短い)

荷物が届いてるのが確認できたので、土曜日に行ったら…

土曜日の受け取りは、13時までと言われました。

AYANA

事前に営業時間などの確認をしてから行ってな!

③自宅に荷物が到着!!!

自宅に荷物が到着したら、関税を配達スタッフに支払い荷物を受け取ります。

受け取りの際は身分証明書(パスポートやKITAS、KTPなど)が必要になります。

AYANA

事前に準備しとくのがいいで!

こちらが、関税を支払った際のインボイス(請求書)です。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS

関税+手数料を支払います。

支払いは現金です。

インドネシア バリ島 日本 国際郵便 EMS1

長旅により、なんだかくたびれているポスクマさん。笑

AYANA

待ってたでぇ〜!!!




スポンサーリンク

EMSでインドネシアに荷物を送る際に注意したいこと

ここからは、実際に荷物を送ってもらう際に注意したことを記載していきます。

今後、日本から荷物を送られる際はご参考になさってください。

必ずPersonal use(個人利用)と記載する

同じものをたくさん送る場合などは、販売用で輸入しているのではないか?と疑われる場合があります。

念のために、宛先欄と内容物リストのどちらにもPersonal use(個人利用)と記載してもらいました。

もし、個人での利用を目的として荷物を送る場合は、Personal use(個人利用)と記載するようにしましょう。

送り主はインドネシア人宛がいいかも

我が家は、相方の名前(インドネシア人)で荷物を送ってもらいました。

私の名前はどこにも記載しませんでした。

日本人名だと箱を開けられて中身をチェックされたり、法外な関税をかけられたりする可能性があるかな?と思ったので。

※個人的な見解です。

AYANA

インドネシアは何があるかわからないからね…

そのおかげ?もあってか、荷物開けて中を調べられたり、破損などもありませんでした。

もし、同居人やパートナーがインドネシア人の場合は、インドネシア人の名前で送ってもらった方が受け取りがスムーズかもしれません。

ただし、受け取りにはKTPやKITASなど本人確認が必要となりますのでご注意くださいませ。




スポンサーリンク

インドネシアで荷物の中身を確認される?

同じものを大量に送っていたり、重たい荷物などは荷物を開封して中身をチェックされる場合があるようです。

内容物リストと相違がないか?販売用の商品ではないか?などを確かめるためのようです。

荷物を開封される可能性も考えて、なくなって困るものはEMS便で送ることはオススメしません。

箱は?梱包方法は?

箱に関してはなんでもOK。

郵便局で購入可能で、私の母も郵便局でゆうパックの箱を購入して送ってくれました。

念のために、丈夫な箱がいいかと思います。

また、万が一水などにぬれてもいいように、荷物を箱に入れる際にはビニール袋に入れて梱包してもらうようお願いしました。

AYANA

母、手伝ってくれてありがとう!

インドネシアの関税に注意

インドネシア人の友達にプレゼントを送ってあげよう!

と、思われている方もいらっしゃると思います。

その際は、関税に注意してください。

なぜなら、関税は送られた内容物の合計金額で計算されます。

そして、関税は受け取り主が支払うことになります。

なので、あまり高価なものを送ってしまうと…

もちろんその分、関税は高くなります。

喜んで欲しい!支援をしよう!と思って送ったものが、相手の負担になるのは悲しいですよね。

なので、関税に関しては受け取り主に了承を得てから送られることをオススメします。




スポンサーリンク

通関電子データ送信義務化について

先ほども記載したのですが、2021年1月1日より通関電子データ送信義務化され、手書きでの送り状・内容物リストの作成をする場合は通関の遅れや返送の恐れがあるようです。

詳細 ↓

▶︎通関電子データ送信義務化について

日本からインドネシアに荷物を送られた際に、電子申告の登録が必要だったとのことでブログ読者様より情報をご共有いただきました。

今後インドネシアに荷物を送られる方は下記の流れをご参考にしていただき、ご不明な点などがございましたら郵便局に直接お問い合わせいただくことをおすすめします。

STEP.1
国際郵便マイページサイトにてアカウント登録
個人・法人どちらかで登録可能です。

▶︎ 国際郵便マイページサービス登録について

名前や住所・メールアドレスなどの個人情報をこちらで登録します。

STEP.2
送り状を作成より送り主・お届け先の登録
送り主や宛名の情報は登録されるので、今後も簡単に利用できます。

また、登録したアカウントの名前や住所と違う場合も問題なく利用できるようです。

STEP.3
内容物の情報・郵便物の総重量などの登録

・発送種別(EMS書類または物品・国際eパケットなど)を選択
・品名
・金額
・個数
・重さなど

フォーマットに沿って記載が必要です。

※0円での記載はできませんでした。

STEP.4
登録完了
全ての登録を終えたらデータが保存されます
STEP.5
印刷と署名
登録した内容を印刷します。

送り状・内容物リスト・税関告知書・控えなど登録したデータが反映されたPDFデータで出てきます。

これを印刷します。

数カ所署名が必要な箇所がありますので、ご確認くださいませ。

STEP.5
郵便局に提出
印刷した書類を持って郵便局へ




スポンサーリンク

届かないことってあるの?

なかなか荷物が届かなかったことがありました。

追跡番号をチェックしていましたが、バリ島のPOS(郵便局)までは到着している。

ですが、一向に自宅に届く気配がありませんでした。

しびれを切らして、POSに確認の連絡を入れると…

POSまで取りに来てね!…とのこと。

AYANA

なんでうちが行かなあかんねん。

しぶしぶPOSに向かい荷物を見てみると…

宛名がビリビリに破れていました。笑

追跡番号があれば、問い合わせも簡単です。

送り主の方は、追跡番号を受け取り側に共有してあげてくださいね。

EMS以外の荷物の関税について

EMSではなくヤマト運輸の国際宅急便をご利用された方がいらっしゃいました。

条件は私とほとんど同じで、時期は2020年8月ごろ、内容物は食べ物で日本→バリ島への発送でした。

同じ条件なのに、その方はヤマト運輸を使って荷物を送ってもらった場合、荷物の金額(内容品の合計)に関税70%もの関税がかけられたとのこと

先ほど記載したように、通常は17%の関税です。

その方は、税関になぜこんなに関税が高いかの確認の連絡をされていましたが、はっきりとした回答は得られなかったようです。

結果的に、内容が食べ物だったので高い関税をお支払いをされ荷物を受け取られたとの事です。

これは、ヤマト運輸側のトラブルではなく、おそらくインドネシアの税関側のトラブルです。

現在はましにはなったとはいえ、インドネシアでは賄賂を要求したり、足元を見て高い金額を請求するなどということがごく稀に発生します。

EMSではこのようなことはないようですが、他の国際郵便を使われる方はご注意ください。




スポンサーリンク

EMSでインドネシア・バリ島へも日本からの荷物届くで〜!

日本からインドネシア・バリ島へのEMSを利用した荷物の送り方・関税・受け取り方法などをご紹介しました。

コロナウイルス感染拡大の影響で2週間はかかると言われていましたが、思ったよりも早く(12日)で届きました。

私も、荷物が届くまでの間、ヒヤヒヤしながら待っていました。

が、そこまで心配する必要なかったかな?というのが印象です。

インドネシアバリ島荷物を送りたい方、荷物を送ってもらいた方はぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA