【インドネシアバリ島VOA(到着ビザ)解説その2】ビザ延長方法/イミグレ編 2021年更新【バリ島長期滞在ビザ】

アイキャッチ バリ島 ビザ VOA 到着ビザ インドネシア Bali Indonesia

2021年5月30日

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

VOA(到着ビザ)について第2弾!

前回は、VOA(到着ビザ)取得(空港)編をお届けしました。

【インドネシアバリ島VOA(到着ビザ)解説その1】ビザ取得方法/空港編 2021年更新【バリ島長期滞在ビザ】

今回は、VOA(到着ビザ)延長(イミグレーション)編です。

空港で、無事にスタンプを取得!できたら、次はビザの延長を行うことになります。

それでは早速いきましょう!

こんな人に読んで欲しい

・VOA(到着ビザ)の延長方法を知りたい!

・バリ島に長期滞在する方法は?

ご存知の方がほとんどだと思うのですが、2021年現在、観光観光目的のインドネシア入国は制限されております。

外国人がインドネシアに入国できるビザは限られており、VOA(到着ビザ)では入国できません。

VOA(到着ビザ)の手続きについて

前回のおさらいからしていきましょう。

VOA(到着ビザ)で最長60日間インドネシアに滞在するためには、2つの手続きが必要となります。

2つの手続き

①空港でVOA(到着ビザ)の取得
②イミグレーションでVOA(到着ビザ)の延長

①空港でVOA(到着ビザ)の取得については、こちらの記事で詳しく紹介しております。

【インドネシアバリ島VOA(到着ビザ)解説その1】ビザ取得方法/空港編 2021年更新【バリ島長期滞在ビザ】

今回の記事は②イミグレーションでVOA(到着ビザ)の延長の手続き方法のご紹介です。

まずは、VOA(到着ビザ)を延長する場所、イミグレーション(入国管理局)について解説していきましょう。




スポンサーリンク

イミグレーション(入国管理局)ってなに?

まずは、イミグレーション(入国管理局)について少しお話ししますね。

イミグレーション(入国管理局)とは

・インドネシア人向けのパスポート発行
・外国人のビザの延長
・不正に滞在していないかの管理など

インドネシアから出入国する人を管理する場所です。

「イミグレ」と略して呼ばれますね。

AYANA

空港にある入国審査の場所もイミグレーションって言うよな!

VAO(到着ビザ)の延長もイミグレでする!

で、なんでイミグレーションの話をしたかというとVOA(到着ビザ)の延長手続きもここでするから。

VOA(到着ビザ)にかかわらず、全てのビザの延長手続きはイミグレーションで行います。

ソシアルブダヤビザやKITASの手続きもこちらで行われます。

なので、ビザについてわからないことはとりあえずイミグレーションに聞く!と覚えておきましょう。




スポンサーリンク

場所

長期滞在する方は、必ずお世話になるイミグレーション。

バリ島内には、3つのイミグレーションがあります。

どこのイミグレーションに行ってもOK!と言うわけでなく、それぞれの場所で管轄エリアが変わってきます。

AYANA

滞在先によって行くイミグレの場所が違うで

ご自身の滞在されるエリアがどこのイミグレーション管轄かをしっかりと把握しておきましょう。

 

【ジンバラン】

住所:jalan perum taman jimbaran, Jimbaran, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali 80361
時間:8時〜16時

電話:+623618468395

休館日:土日祝
管轄:クタ、ジンバラン、スミニャック、チャングー、ヌサドゥアなど南部エリア

【デンパサール】

住所: Jl. Panjaitan No.3, Sumerta Kelod, Denpasar Tim., Kota Denpasar, Bali 80234
時間:8時〜16時
休館日:土日祝
電話:(0361) 227828
管轄:デンパサール、ウブドなど

【シガラジャ】

住所: Jl. Seririt- Singaraja, Pemaron, Kec. Banjar, Kabupaten Buleleng, Bali 81119
時間:7時半〜16時
休館日:土日祝
電話:+6236232174
管轄:ジンバラン・デンパサールの管轄以外のエリア

今回おなしをするのは、ジンバランのイミグレーションで手続きを行う工程です。

ですが、基本的な流れはどこのイミグレーションでも同じです。

なので、流れだけでもご参考にしていただけますと幸いです。




スポンサーリンク

VOA(到着ビザ)の延長について

まずはスケジュールを簡単に説明しましょう。

延長のスケジュール

延長手続きのためには、イミグレーションに3度行くことになります。

①パスポートなど必要書類の提出と支払い

②インタビュー・サイン・写真撮影・指紋

③パスポート受け取り

①〜③の全部で約1週間かかると思っておいたほうがいいと思います。

いつまでに手続きが必要か

次に、いつのタイミングで延長手続きに行けばいいか?

VOA(到着ビザ)延長手続きは、インドネシア入国日を含めて30日以内に完了している必要があります。

AYANA

日数計算大事やから今から説明するで!
2021年1月1日 インドネシア到着した場合

→2021年1月30日までにVOA(到着ビザ)の延長手続きが完了

延長手続きには約1週間ほどかかります。

なので、上記例でいうと2021年1月23日までには手続きを開始する必要があります

個人的には、ビザの切れる10日前には手続きを開始することをおすすめします。

注意事項!!!

ここで、頭に叩き込んで欲しいのは、
インドネシア到着日から数えて30日以内に手続きを完了させるということ。

ジャカルタを経由してバリ島に来る場合は、ジャカルタに到着した日を含めて30日間になります。

AYANA

これを間違えて、オーバーステイになった人を3人くらい知ってる。

オーバーステイになると、1日につきRp1.000.000(約8000円)の罰金になります。泣

絶対に日数計算はお間違いないよう、お気をつけくださいね




スポンサーリンク

準備するもの

VOA(到着ビザ)延長に必要なものは6つ!

・パスポート
・出国予定の航空券のコピー
(ビザの期限内にインドネシアを出国するチケット)
・パスポートコピー
・パスポートのVOAページコピー

・お金Rp500.000(約4000円)
・申請書(イミグレにあります)

スケジュール・準備物は確認できましたか?

それでは、今からイミグレーションに行って何をするか?を説明します。




スポンサーリンク

VOA(到着ビザ)のイミグレでの延長方法

おさらいですが、イミグレーションには3回行く必要があります。

①パスポートなど必要書類の提出・支払い

②インタビュー・サイン・写真撮影・指紋

③パスポート受け取り

今から、①〜③にわけて説明していきますね。

AYANA

わからんかったら、問い合わせ先から気軽に聞いてや!

①パスポートなどの必要書類の提出・支払い

まずは、必要書類の提出にいきましょう!

日程

・最初の30日間の期限が切れる10日前くらい
・午前中

準備物

・パスポート
・出国予定の航空券のコピー
(ビザの期限内にインドネシアを出国するチケット)
・パスポートコピー
・パスポートのVOAページコピー
・申請書(イミグレにあります)
・お金Rp500.000(約4000円)

すること

・必要書類の提出
・次回イミグレに来る時の日程と、入金日の確認

当日の流れ

STEP.1
申請書の記入
イミグレに入ってすぐのカウンターでもらえます。
STEP.2
順番待ちのチケットを発行
申請書の記入が終われば、発券機にて順番待ちのチケットを発行します
STEP.3
カウンターにて資料を提出
順番が来たら、一番前のカウンターにて持って来た資料を全部提出する。

不備がある場合はこの時に教えてくれます

STEP.4
再度待つ
長ければ10分以上待つ可能性もあります
STEP.5
用紙の受け取り
再度名前を呼ばれたら、カウンターにて手続き用紙をもらう
STEP.6
支払い
手続き用紙をもらったら、イミグレの外にある支払い場所(トラック)で支払い。
STEP.7
用紙の受け取り
支払いが済んだ領収書を再度カウンターに提出 

 

これで、1回目の手続きは終了です。

こちらの用紙が手続き用紙です。

これをもって、外にある支払い場所

 

ここにスタンプが押されます。

PAYMANTとPHOTOのところが2回目の手続きの日

次回、イミグレに来る日程は3日後くらいです。

パスポートはイミグレに提出したまま返ってきません。

なので、ご自身でも必ずパスポートのコピーを手元に置いておいてください。

 

航空券に関しては、期間内(VOAを空港で到着してから60日以内)にインドネシアを出国する航空券です。

行き先は日本ではなく、シンガポールやマレーシアなどどこでもOKです。

重要なのは、期間内にインドネシアを出国するチケットです。

申請書について

申請書についてですが、結構記載することが多いんですよね。

なので、余裕のある人はイミグレに行って事前に用紙をもらっておくのもありかと思います。

AYANA

余裕を持ったスケジュールで行くのが一番!




スポンサーリンク

②インタビュー・サイン・写真撮影・指紋

日程

・1回目から(必要書類提出後)3〜4日後(日程が指定されています)
・午前中

準備物

・1回目のタイミングで渡された用紙
・銀行での支払いをした時の領収書

 

用紙はこれね。

 

すること

インタビュー・写真撮影・サイン・指紋

 

当日の流れ

STEP.1
VOAカウンターにてチケットを受け取る
VOAと書かれたカウンターにて順番待ちのチケットをもらいます。

このタイミングで、銀行で支払った領収書を提出しましょう。

STEP.2
番号で呼び出し
順番が来たら、チケットに書かれたナンバーが画面に表示されます。

指定されたブースへ行きましょう

STEP.3
インタビュー
持って来た用紙を提出する。

インタビュー・サイン・写真撮影・指紋を取る

STEP.4
用紙の返却
用紙を返却されます。

そこに、パスポート受け取りの日程が記載されます

2回目の手順は以上です。

インタビューについて

インタビューで聞かれる内容は
バリ(インドネシア)で何してるの?
いつまで滞在?
といった内容が中心です。

基本的には英語となります。

再度確認ですが、VOA(到着ビザ)では仕事はできません。

基本的には「休暇(holiday)」と言うことになると思います。

インタビューがOKであれば、写真を撮られます。

その後、指紋を取り、サインをして終了です。

指紋に関しては、5本の指全部採取されます。

それが終われば、1回目でもらった用紙にパスポート受け取り日程を記載され終了です。

 

PICK UPの日程が3回目の手続きの日です。




スポンサーリンク

③パスポート受け取り

日程

・2回目の日程から3〜4日(用紙に書かれた日程)
・午後

持ち物

1回目でもらった用紙

すること

パスポートの受け取り。

当日の流れ

①VOAカウンターで用紙を提出

②名前を呼ばれるまで待機

③名前を呼ばれ、パスポートを受け取り、サインをしたら終了

 

手続きが全てOKであれば、無事にパスポートを受け取ることができます。

AYANA

おめでとうございます!

パスポートに延長のスタンプが押されていれば無事!残り30日滞在が可能です!




スポンサーリンク

VOA申請の注意事項

VOA延長手続きの手順はなんとなくわかりましたかね?

次にVOA延長に関してそのほか注意しておくことを記載しますね。

パスポートは延長の申請中は手元にないです

必ずコピーを取っておいてください。

ちなみに、インドネシア国内であれば、パスポートのコピーがあれば飛行機などの登場は可能です!

【パスポートなしでもOK】インドネシア国内線で国内旅行

パスポートの有効期限は大丈夫?

VOA(到着ビザ)延長のためには、

①パスポートの有効期限が6ヶ月以上あること
②ページが十分にあること

これが条件となります。

VOA(到着ビザ)取得時に空港でも確認はされると思いますが、ご自身でも確認しましょう。




スポンサーリンク

イミグレのお休みには気をつけて!

バリ島ってなんやかんや行事があったりして、イミグレがお休み…なんてことも。

・土曜日と日曜日
・インドネシアの祝日、バリ島の祝日
はお休みです!

日程には余裕を持って行動しましょう。

イミグレに行くタイミング

これはAYANA的おすすめですが…

1回目、2回目の申請に関しては時間が読めないんですよね。

手続きをする人が多いとやはり時間がかかります。

私のオススメは、
・1回目は朝1番に行く
・2回目は朝一番もしくは終了時間ギリギリ

どちらにしても、余裕を持ったスケジュール組みをした方がいいと思います。

VOA延長・滞在日数の注意点!

VOA(到着ビザ)で確認いただきたいのが、延長と滞在の日程について。

・延長→インドネシア到着日を含めて30日までに
・滞在可能期間→インドネシア到着日を含めて60日間

1日でも過ぎたらオーバーステイとなり、Rp1.000.000の罰金となります。

また、早く延長手続きしたから、滞在期間が短くなる〜なんてのはありませんので、ご安心ください。

なので、余裕を持って延長手続きをしてくださいね。




スポンサーリンク

日本大使館・領事館には聞かないの?

「日本語が通じるから、大使館に聞いてもいい?」と、思う方もいるかもしれません。

ですが、日本大使館・領事館では、VISAのことなどは答えられないこともあるんです。

なぜかというと、日本大使館や領事館は日本政府の管轄であって、インドネシアの政府ではないから。

パスポートを無くした!なんかは、日本大使館でもOKです。

ですが、ビザについてわからないことがあれば、まずはイミグレーションに問い合わせるようにしましょう。

エージェントを使うのもあり

私自身、ビザの延長にはエージェントを使うこともよくあります。

信頼できるエージェントにお願いするのは、手続きの手間やストレスを軽減できますよ。

エージェントに代行を頼むときの金額は?

申請料+代行料を併せてRp900.000(約7200円)くらいです。

AYANA

通常の2倍の金額かな。

・提出物の準備の手間を省く
・イミグレに行く手間を省く
・時間をお金で買う!

高いか?安いか?はご自身の金銭事情やスケジュールによるかと思います。

毎回頼まなくても、最初だけ頼んでみようかな?とか、今回は忙しいからエージェントに頼もう!なんて使い方もいいと思いますよ。




スポンサーリンク

VOA(到着ビザ)を延長してみよう!

今回は長々VOA(到着ビザ)について書いてきました。

AYANA

ややこしくて伝わってるか不安

私はすでに何度もイミグレには足を運んでるので、この文章だけでもイメージがつくのですが…

初めての人ってほんまに不安だらけだと思うんですよ。

めっちゃ待たされてるけど大丈夫かな…とか
賄賂(わいろ)とか要求されんのかな…とか
パスポート無くされへんかな…とか

でもね、基本的には大丈夫です。

イミグレには、毎日のようにインドネシア人・外国人がビザ手続きに来ています。

悪いことするほど暇じゃないと思う。(多分)

なので、とりあえず早めの日程で一人でトライ!してみましょう。

んで、あかんかったらエージェントにお願いしよう!

くらいの感覚でいいと思います。

AYANA

どっちにしても、日数に余裕持って行ってな!

もしわからないことがある場合は、問い合わせから連絡くださったらお答えします。

気軽に連絡してくださいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA