8月14日更新【M6.9】2018年8月5日ロンボク島地震。旅行はキャンセル?バリ島の状況について

2018年9月29日更新

 

バリ島在住6年目のAYANA(_AYANA_DIARY_)です。

初めましての方はこちら↓から。

WHAT’S AYANA DIARY

 

2018年8月5日にロンボク島で新たに大きな地震がありました。

現状、バリ島は建物の崩壊などはありますが、飛行機などは通常通り運行しているとのことです。

バリ島ングラライ(デンパサール)空港も一部崩壊が見られるようです。

私はバリ島に滞在しているので、正確な情報は分かりかねます。ニュースや友人や知り合いからの情報を元に作成しています。

 

 

2018年9月28日にスラウェシ島付近で発生した地震についてはこちらへ

2018年9月28日スラウェシで起こった地震・津波のバリ島への影響について

 

8月8日現在の状況

更新情報はツイッターにてお知らせしています。

ロンボク島・ギリ島への旅行について

ツイッターでよくいただく質問です。

ギリ島(ギリトラワンガン)でレストランを経営している知り合いは、お店が一部崩壊し現在は運営を停止しているとのことでした。

このレストランだけではなく、他のレストランやカフェも営業を停止しているところもあるとのことです。

 

 ギリ島やロンボク島の旅行はキャンセル?

一番気になるのは、ギリ島やロンボク島への旅行をキャンセルした方がいいかどうか。

 

個人的な見解をいうと、8月中の旅行はキャンセルした方がいいかもしれないです。

 

まず、現在は復旧作業をしているところが多いということ。
不謹慎だ!とかそんなのではなくて、せっかくの旅行を楽しむことができないかもしれないということ。

 

バリ島のアグン山の噴火の時もそうでしたが、空港閉鎖などの影響により、一気に観光客が激減。おかげで、バリ島の観光業で生活をしているホテルや飲食店などは大打撃を受けました。

 

それを考えると、ロンボク島は行ってしっかりとお金を使って地域に還元する!というのも一つの復興作業だと私は思っています。

 

ですが、時期などはしっかりと見極めて行った方がいいかなと思います。

 

そして、ホテルなども崩壊していて、お水や電気などが通っていない可能性があるということ。

あと、おそらくホテルのスッタフも違う島に避難をしている可能性もあるというところですね。



どうしたらいい?

まずは、各所に問い合わせをしましょう。

・宿泊先のホテル

・船や飛行機

・ツアーであればツアー会社

ホテルなどは、おそらく問い合わせが殺到していると思うので、返事が遅くなるかもしれませんが気長に待ってみてください。

ホテルの都合でのキャンセルはキャンセル料がかからない場合もありますので。

飛行機について

LCCなどを利用してロンボク島やギリ(飛行機+船)に行こうと思っている方はキャンセルができないかもしれません

LCC利用のメリット•デメリットとは?格安航空券は飛行距離がポイント?

 

アグン山噴火の際の記事も情報収集の参考にしてください。

【2018年7月2日更新】バリ島アグン山の噴火について【最新情報の収集方法】



バリ島はどんな感じ?

バリ島旅行はキャンセルしたほうがいい?

この質問めちゃくちゃいっぱいいただきます。

AYANAの個人的な見解を言わせてもらうと、バリ島旅行はキャンセルしなくてもいいんじゃないかな…というところです。

 

バリ島とロンボク島の距離

バリ島とロンボク島は50km離れていると言われています。

ですが、これはバリ島とロンボク島を船で移動するときの距離

 

今回、地震があった震源地とクタであれば約150km程離れています。

 

バリ島もロンボク島も四国ほどの大きさがある大きな島です。

例えば、四国であった地震を大阪で感じた時にどれくらいの被害があるか?と考えていただければイメージがつきやすいかもしれません。

四国のどこで地震があったかによって揺れの大きさは変わりますよね?

 

今回、ロンボク島の地震は北側で発生しています。

バリ島はロンボク島の西側にありますので、震源地からはある程度距離があります。

 

もちろん、大きな規模の地震はバリ島でも揺れることはあります。

ですが、現状バリ島で建物が崩壊(一部崩壊はあります)したり、大きな被害が出たとは聞いていません。



バリ島旅行に来る時に気をつけることは?

旅行に来たいけれども心配!

という人もいると思います。

 

もし、バリ島の旅行に来られる方は下記の点を事前に確認しておくことをオススメします。

 

ホテルのロケーションや避難経路

海や空港からホテルがどれくらいの距離があるか。時間的にはどれくらいかかるか。

具体的な経路までは不要だと思いますが、大まかに知っておきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険もしくはクレジットカード付帯の保険には必ず加入しておきましょう。

自然災害に対する保険は適応がない場合もありますが、万が一の怪我などの際に利用することが可能です。

併せて、問い合わせ先もわかっているとベストです。

クレジットカードは利用付帯と自動付帯があるので、事前に確認しておきましょう



 

航空会社の保証

5スターエアラインの場合は、地震や自然災害による飛行機の欠航・延着に対して無料で対応してくれる可能性が高いです。

ですが、LCCなどであれば飛行機の振替ができなかったり、できたとしても有料だったりすることもあります。

旅行に行く前に問い合わせておく方がいいと思います。

 

ツアーなどで参加される場合

ツアーでバリ島の旅行に参加される際は、ツアー会社に問い合わせするのが一番です。

万が一のホテルの延泊や飛行機の便の振替は確認しておきましょう。

また、もし旅行をキャンセルされる場合も、キャンセルの期限や規約も確認しておくことをオススメします。



バリ島8月8日現在

バリ島は、何事もなく穏やかに過ごせています。

先日、崩壊のあったクタのギャレリア(免税店)に行ってきましたが、通常通り営業をしていました。

独立記念日(8月16日)が近いので、インドネシアの国旗がたくさんみられます。

もし、ロンボク島やギリ島の旅行をキャンセルされる方は、バリ島でのんびり過ごされるのもいいかもしれません。

毎日朝晩は雨も降ることはありますが、涼しくてめちゃくちゃ良い気候ですよ!

 

8月14日バリ島

クタに行って来ましたが、人通りも多く賑わっていました。

ロータリーの工事と独立記念日・ムスリムの休暇が重なり、渋滞が発生しているところがあります。

万が一に備えて、非難の際のルートなどはマップで事前に確認しておきましょう。

【バリ島交通情報2018年】渋滞回避のコツを伝授します 【2018年8月更新】要チェック!バリ島道路工事!



津波について

8月5日は津波警報が出ていましたが、その日のうちに警報は解除されています。

 

余震について

ロンボク島では余震が続いているようです。

バリ島(クタ)は現在地震を感じていません。



更新情報はツイッターにて

AYANA DIARYは随時ツイッターを更新しています。

もしよろしければそちらをご覧くださいませ。

今後、地震のことなどは自然のことなので私も断言はできかねます。

私は、念には念を入れて調べたり準備をするタイプなので、火山の噴火があった際も事前に各所に問い合わせをし、それぞれのパターンを想定して行動をしています。

情報収集をしっかりと行い、最低限の保証(保険)などは確認をして自己責任でご旅行を楽しんでくださいね。

ロンボク島の被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。

それでは。

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA